注意!契約プラン変更もサイト引っ越しです

こんなケースで困った事はありませんか?

ホームページのサーバー移転・引越しをおこなう際、例えばさくらインターネットからXserverへ、KDDIからロリポップへというように、レンタルサーバー会社が移転元と移転先とで違う場合は移転に何の支障もございません。ところがそれとは別のケースで
・古い契約プランから新しい契約プランへ移りたい
・複数の契約を一つの契約にまとめたい
・安いプランに切り替えたい

など、同じレンタルサーバー内での契約変更をしたいケース・要望も非常に多くございます。この場合も実はホームページの引越しが必要になります。

レンタルサーバーの契約プラン変更もそれは「ホームページの引越し」が必要

たとえ今の契約を別の上位プラン或いは下位の安いプランへ変更する場合であっても、申請するだけでは反映は致しません。ホームページはレンタルサーバーのとある区画にデータを入れて、〇〇〇.comなどのドメイン名を設定した時点で全てのプラン・内容などが固定されてしまいます。

それはマンションの部屋を借りる場合と似ています。例えば2LDKの302号室という部屋を借りた方が3LDKを希望する場合、その部屋はよほどの事が無い限り3LDKになったりはしないので、別の3LDKの部屋に移る必要がありますし、もっと日当たりの良い部屋を希望したとしても、その部屋が日当たり良くなったりはしないので、日当たり良好な別部屋に移る必要があります。それと同じです。

同じレンタルサーバーで各契約別にホームページが稼働している場合も、それは同じ不動産会社が所有する別々のマンションに部屋を借りているのと同じで、一つのマンション内に入るためには引越しが必要なのと同じことを意味します。

くどいようですが、古い契約で運営しているホームページをもっと費用の安い新しいプランの契約にしたい場合、ホームページはそのまま新プランがそこに適用される訳ではなく、新しいプランとして準備された区画に移る必要があるのです。302号室が名前だけ504号室に変わったりしないのと一緒です(家賃だけは同じ部屋でも上下する場合があるかも知れませんが、それはマンションの場合です)。

同じレンタルサーバー内での引越しは何が問題か

独自ドメイン設定時の問題

同じレンタルサーバー内では独自ドメインを登録の際に、同じドメインが2つ以上設定されないような制限がされています。同じドメインでの重複設定を見過ごしてしまうと、「1ドメイン=1区画」の原則が守られないため、そのドメイン名を入力した時にどちらの区画のホームページデータを読み込みにいけば良いのかわからなくなるのを防ぐためです。本来ドメインは区画を1か所に特定するための「アドレス」ですので、これでは意味がございません。

実際に重複したドメイン登録をしようとすると、警告が流れて登録ができない状態になります。

サーバー移転の本来の手順が踏めない

この状況で移転先でドメインを登録するためには、移転元のドメイン登録を一旦削除する必要があります。これはホームページの表示を一旦解除する事を意味します。その後すぐに移転先で同じドメイン名を登録するのですが反映がされるまでに多少時間が掛かる為、移転元のホームページデータがその反映待ちの間、しばらく映らなくなる訳です。

本来サーバー移転は、移転元と同じ状態を移転先で作って、切替をした際にホームページの見え方は全く変わらず・途切れたりせずに済ませるのがセオリーです。ですが同じレンタルサーバー間での引越しの場合はそうはいかず、若干映らない時間帯が発生するという状態に遭遇します。全てのレンタルサーバー会社でそうかどうかを確認した訳ではありませんが、実際に映らない時間帯が発生するレンタルサーバー先がほとんどです。

ちなみに上記の問題はホームページだけでなくドメインメールを利用されていればドメイン解除の時点で同じように送受信ができなくなります。サーバー内にコピーとして残っているメールデータなども全て消えてしまう状況になるのです。次にドメイン登録をしてメール設定をしてその設定情報をメールソフトに入れて…としている間、メールは不通の状態です。

この問題への対応策

お客様のホームページがしばらく映らなくても問題がないという事であれば、それほど気にする事ではないのかも知れません。しかしそうではなくSEO対策でも1位を取っているキーワードがあり、見えなくなっている間に順位に影響が出るかも知れないと心配のお客様、或いはメールが途切れるのはまずいというお客様にとって、これは由々しき問題です。

この問題をクリアする方策 - 2段階移転について -

この問題を完璧にクリアする方法は1つ。2段階に分けて移転させる事です。一旦移転先を全然違う別のレンタルサーバー先にします。例えば1ヶ月だけ別のレンタルサーバーを借りるのです。そうすればそこに従来の方法でサーバー引っ越しができます。別のレンタルサーバーにサイトやメールがきちんと移ったら、その後あらためて本来の契約プランのある移転元のサーバーへもう一度サーバー引っ越しをおこなうのです。

もちろん費用や手間は全て2倍となるかと思います。お客様の方でもメールアカウントの設定変更を2回おこなう事になったりとかなり面倒ではありますが、タイムラグを「0」にしたいというお客様はこれがベストです。

ご安心くださいまずはお電話を!

サーバー移転メニュー

サーバー移転・サイト引っ越し手順 サーバーの引っ越しや管理業者の切り替えに、AKI企画が迅速丁寧に対応致します! サーバー移転
詳細
SSL化したサイトの引越し https:のWordpressサイトの引越しは注意が必要 SSL化したサイトの引越し
詳細
SSL証明書持ち込み
事前SSL設定
サーバー移転の前にSSL設定ができるレンタルサーバーをご紹介します SSL証明書持ち込み・事前SSL
詳細
ホスティングサーバーの選び方 レンタルサーバーは料金プランやディスク容量・通信制限など見極めが必要です。 レンタルサーバーの選び方
詳細
移転時のポイント 失敗しないレンタルサーバーの判断基準をご案内します 移転時のポイント
詳細
契約プラン変更もサーバー移転です。 料金プランを変更したい場合もホームページ引越が必要であり、その際は特に注意が必要 契約プラン変更時もホームページ移転
詳細
  • お問い合わせはAKI企画へ

    AKIplanning

    ハイクオリティで洗練されたデザイン、ユーザーの心をつかむ機能、そして安心のカスタマーサポート。お問い合わせ頂ければ、AKI企画の対応力をきっとご理解いただけます。

    092-542-6602(番号タップ)

TopicsSEOトレンド