ホームページサーバー移転、WEBサイト引越しの流れについて

ホームページの別サーバーへの移行移転作業

ご安心くださいまずはお電話を!

「現在の業者様との契約が切れてしまう」
「サーバー利用料を安くしたい…」
「どこに聞いていいかわからない」
「Wordpressの移転の仕方がわからない」
…などなど
サーバーの引っ越しや管理業者の切り替えに、AKI企画が迅速丁寧に対応致します!

現在のサーバーを別サーバーへと移転・移行させるいわゆる「ホームページの引越し」作業は、よくおこなわれる作業です。
この「WEBサイト移転」をするのには様々な理由がございますが、例えばより料金の安いサーバーへ移転させたいですとか、制作会社と連絡が取れなくなったのでサーバーも移転させなければならない…、あるいは契約プランのサーバーが重たくなったり・閲覧制限が出ているなどの理由が挙げられます。

サーバー移転に関するいろいろな困った

サイト移転・ホームページの移行作業にはいくつか準備・段取りが必要になり、一見難しそうに見えるかと思いますが、あきらめてしまう必要はございません。AKI企画が全面的にサポートさせて頂きます。

もちろん利用中のドメイン名をそのまま引き継ぐ事ができます。
引越しをした後もホームページの見た目は変わりませんので、他の人には移転した事は分かりません。
今までのドメインのSEO対策効果をそのまま維持していく事が可能です

ただしサブドメインをご利用の場合など移行ができないドメインもございます。
別ドメインでの移転について

AKI企画が全面的に支援、サーバー移転に対応します

長くWEBサイトの運営をおこなっていれば直面する機会もあるかと思いますので、ここで基本的なホームページの別サーバーへの移転作業の具体的な流れをご紹介いたします。
これはあくまで一例でございますので、サーバーの仕様や移転のタイプなどにより必ずしもこの流れにはならない場合がございます。

サイト移転のおおまかな流れとしては以下のようになります(下記は覚える必要はありません、実際はほとんどの事を弊社で行います)。

STEP1 新サーバーをレンタル
STEP2 新しいサーバーにも同じWEBサイトを作り上げる
STEP3 同じメールアドレスを(新しい設定で)追加設定する
STEP4 古いサーバーから新しいサーバーへと読込先を変更
STEP5 メールを削除、旧サーバー解約

お客様のWEBサイトに合った引越しの流れを具体的にお知りになりたい場合は、お気軽にAKI企画へお問い合わせ下さいませ。

  • お問い合わせはAKI企画へ

    AKIplanning

    ハイクオリティで洗練されたデザイン、ユーザーの心をつかむ機能、そして安心のカスタマーサポート。お問い合わせ頂ければ、AKI企画の対応力をきっとご理解いただけます。

    092-542-6602(番号タップ)

別サーバーへのサイト移行の手順  ホームページの引越し

今回はドメイン名は変更せず、ホームページの内容も変更せずにそのまま別サーバーへと移行する際の基本的な流れをご紹介します。
このサーバー移転に要する時間はまちまちですが、ホームページ内をリニューアルしなかったり、特に複雑なプログラムなどが動いていないのであれば比較的短時間で移転する事が可能です。

簡単なものであれば移行させたいサーバーをすぐにお借りすれば1週間も掛からないでの移行が可能です(ただし、プロパゲーションにお時間が多少掛かります)。

Q&A集 プロパゲーションとは?

■移転前のWEBサイトの現状仕様・移転内容確認

移転をさせる事が決定した後、まずは今のホームページの移転内容・および仕様の確認が必要です。今回はドメイン名を変更しない事が前提でしたが、時には別ドメインにするケースもあるかもしれません。

その他にもどのようなCGIなどのプログラムを使っているのか、お問い合わせやWordpress、メールマガジン用のプログラムや動画ファイルなど、今のWEBサイトの中ではいろいろなプログラムが動いているケースがございますので、内容を確認する事が必要です。

このプログラムの載せ替えは、お時間と手間が掛かる場合がございます。
ショッピングカートシステム自体の移設などがその例です。
Worpdressシステムサイトの移転も非常に多くなっておりますが、最近はシステム的にやりやすくなりましたので、打合せをきちんとしていれば問題ございません。

逆に新しい機能を使えるようにしたいとか、WEBサイトに多少のリニューアルを加えたいなどの要望も検討していきます。この打合せに基づいて、およその「サイト移行に必要な期間」が決定ます。

■移転条件を満たす新サーバーを選定・準備する

まずは今のホームページで動いているプログラム(Wordpressやショッピングカートなど)が動くサーバーを選別します。サーバー選別の際に下調べをしっかりしておく必要があります。

サーバーを新しく選択・レンタルしただけではまだドメイン名は割り当てられておりませんが、サーバーの申込時に事前に「どのようなどメイン名を割り当てるのか」を業者側に提示する様になっております。ですから当然、割り当てるドメインは既に使っているドメインなのか、それとも新しく取得したドメインにするのかなどを決定しておきます。

移転させる為のサーバーを選別が決まったら、すぐレンタルを開始します。もちろん「今のホームページとサーバーは運営したままの状態で」です。つまりこの期間中はサーバーを2重にレンタルする形になります。
レンタル料がもったいないかもしれませんが、移転の為にはいた仕方ありません。先述の「サイト移行に必要な期間」だけ2重レンタルが必要です。

ホスティングサーバーの選び方

■新しいサーバーにWEBサイトのファイルをアップロードする

サーバーの準備が完了しましたら、現状のサーバーには手をつけず、新しいサーバーに同じWEBサイトのファイルをアップロードします。つまり今のホームページのコピーサイトのようなものになります。
この場合本来のドメイン名でサイトを観ても、それはまだ移転前のサイトですから、別の方法で新しいサイトをテスト閲覧する必要があります。

この新しいサーバーのWEBサイトの内容がきちんと確認出来るようにサーバー業者側が管理パネルを用意している事が多いので、同じ様に映っているかどうかをテスト確認します。

さらにお問い合わせフォームや各種プログラムなどがきちんと動くように組み込みをしておきます。これがきちんと完了するまで移転前のサーバーと移転後のサーバーの2重レンタルを止める事はできません。

これにどれ位の期間を要するかは事前の打合せでおよそ決定しております。ほとんどのホスティング業者が1ヶ月単位でのレンタルとなっているはずですので、例えば
「予め今から3ヶ月分までレンタルしておく。それまでに全て完了させる。」
などのスケジュールを一番最初に決めておく必要があります。

■注意事項

細かい事になりますがここで注意する部分としては、ホームページ内のリンクが「絶対パス」での記述になっている所です。絶対パスは http:// から始まるリンクパスで、ドメイン名が必ずくっついています。新しいサーバーのサイトでこのリンクをクリックしてジャンプしても、移転前のサイトのページへ飛んでしまうのでリンクチェックがなかなかできません。状況によっては、一度相対パスにするなどの「ページ内修正」が必要な場合があります。

Q&A集 絶対パス相対パスとは?

■メールアドレス設定の変更

WEBサイトに関する移転作業が終了したら、次はメールアドレス設定の変更が必要になります。実はサーバー移転を行うと、メールアドレスの設定の変更も必ず必要となります。この場合、例えばお客様の事務所やご自宅など、移転させるドメイン名でのメールを使用している全てのPCやタブレット・スマホに対しての設定が必要となりますのでご注意下さい。

具体的には今のメールアドレスとは別に、新しくメールアドレスを設定する事になります。全く同じメールアドレスを利用できるのですが、メールアドレスの設定情報が移転前と新サーバーでは異なってきますので、1つのメールアドレスを前者用と後者用とで一時的に2つ登録しているような状態に致します。

今までのメールアドレスは通常通り送受信できますが、新しいサーバーでのメールアドレスは送受信してもエラー表示がでるか何も起こりません。
最終的にドメイン名の割り当て移動が完了しますと、新しい設定の方での送受信ができるようになり、逆に今までのメールアドレスはエラーが出たりして使えなくなります。
その後に移転前のメールアドレスを削除する、という流れになります。

■DNS設定の変更(ドメイン割り当て先の変更)

ホームページとメールの設定が完了したら、いよいよ最後にドメイン割り当て先を移転前のサーバーから新しいサーバーへと変更します。これは一般に「ネームサーバー情報変更」「DNS設定変更」と呼ばれております。この「DNS」とは、例えば http://www.*****.com/ と入力したらどのサーバーを読み込みにいくのかを、常に全世界共通で指定している情報であり、今現在は「移転前のサーバー先」と決定してあります。DNS設定変更はその情報を「新しいサーバー先」へ変更する手続き作業とお考え下さい。

DNS変更は、そのドメインを管理している「ドメイン業者」のもつ管理ページ等から変更する事ができます。その専用情報ページに移転前のサーバー名が記述されておりますのでそこを新しいサーバー名に変更して登録しなおせばOKです。
※サーバー名はサーバーの設定情報などに記載してあります

これで今まで移転先のサーバーに読込にいっていたのが、徐々に新しいサーバーを読み込みにいくようになります。つまり新しいサイトが表示されるようになるという訳です。
ただし、全く同じWEBサイトの移行の場合、見た目的には閲覧しているページが移転前なのか新しいのかはわかりません。ですから新しいサーバーのTOPページにだけ判別できるような文字の変更などの更新を行っておくと判断しやすくなります。また、移転前のメールアドレス設定が使えなくなる事でもわかります。

ここでの割り当て先の切替は一気には行われず、徐々に行われていきます。そのため地区によってはまだ移転前のサイトが映っているというケースがございます。これが「プロパゲーション」と呼ばれるものです。ですから全国で完全に切り替わるのには3日~4日のタイムラグが発生しますのでご了承下さい。

■移転前のメールアドレス設定の削除・旧サーバー解約

十分な期間のプロパゲーションを経て問題なければ、移転前のメールアドレス設定を全てのパソコンから削除し、移転前のサーバーを解約する事になります。
この流れはあくまで基本的な一例ですので、例外もあるかと思います。詳しくはお問い合わせ頂きたいと思います。

サイト移行のメリットとデメリット  別ドメインでの運営の注意点

■別ドメインでの移転運営について

WEBサイトの「お引越し」は強制的にしなければならない事もございますので、基本的には何度おこなっても問題はございません。SEO対策の効果はドメインに付与されておりますので、同じドメイン名をそのまま引き続き使えば、SEO検索エンジン対策の効果も常に引き継がれます。この場合特にYahooやGoogleの検索エンジンに対して何か対処する必要はございません。自動的に検索エンジンのクローラーの読込先も変更されます。

ご希望のサーバーに移転する事で、よりよいサービスの受理・費用削減などの様々なメリットがあると言えます。

ただしWEBサイトが別ドメインでの運営に変わる場合は多少デメリットが出てまいります。
まず、別ドメインサイトに完全にSEO対策の効果を引き継ぐ事は難しいという事です。ドメイン名が変更されると、例え全く同じ内容であっても「別サイト」という判断をされてしまうので、SEO的にはまた一から再スタートという結果になってしまいます。「リダイレクト」等の専門的な手法もございますが、一番は同じドメインでの移転が望ましいです。

別ドメインに変更された場合、移転前のサーバーも引き続きレンタルを継続し、サイトはTOPページのみ残して「サイトが移転しました。移転先はこちらです」などの告知を行うなどの既存ユーザーへの配慮も必要になります。よほど特別な理由がない限り別ドメインでのサイト移転は行わない方が得策かと思います。

ご安心くださいまずはお電話を!
  • お問い合わせはAKI企画へ

    AKIplanning

    ハイクオリティで洗練されたデザイン、ユーザーの心をつかむ機能、そして安心のカスタマーサポート。お問い合わせ頂ければ、AKI企画の対応力をきっとご理解いただけます。

    092-542-6602(番号タップ)

Topicsサーバー引越し