DNSプロパゲーションQ&A質問・回答ヘルプ

DNSとは何ですか?

DNSとは、サーバーとドメインをつなぐ窓口の様なものです。本来ホームページとはIPアドレスという数字コードの羅列で識別されております。例えば、211.181.21.269 などの数字の並びになります。この数字の区別で全世界のホームページの一つ一つを識別している事になります。

このIPアドレスとは別にドメインと呼ばれるアルファベットの羅列がございます。皆様がご覧になっている弊社のドメイン名は、akiplan.jp です。このアルファベットの文字をドメインと呼び、アドレス欄に入力する事でそのホームページが表示されます。

このIPアドレス 211.181.21.269 とドメイン名のakiplan.jp とをつなぎ合わせる役目を果たすのがDNSサーバーと言われるもので、現在世界中に無数のDNSサーバーが存在します。この無数のDNSサーバーのどれかが、お客様のパソコンからのアクセスがあった時に、そのドメイン名に対して指定してあるIPアドレスへと中継してくれるのです。

サーバーの移転をおこなう場合、移転が完了するともう移転前のサーバー、つまりIPアドレスにはサイトは存在せず、新しいサーバーのIPアドレスにサイトが設置されます。しかし、ドメイン名は引き続き同じものを利用しますし、さらにそれぞれのサーバーに設置しているIPアドレス自体も変わりません。ですから代わりに一対で対応する結びつきを変更する事で対応しているのです。これがDNS変更です。

旧サーバー 新サーバー
ドメイン名 akiplan.jp DNS設定の変更 ⇒ akiplan.jp
IPアドレス 211.181.21.269 121.168.1.151

ドメイン名を変更したりIPアドレスの設置位置を変更する事は非常に時間が掛かりますし、管理が非常に難しくなります。そのため、このドメイン名とIPアドレスとの組み合わせリストを全世界共通で設定し、その内容を書き換えるだけで全世界のDNSサーバーが読込先を変更していく訳です。

大切なのは、ホームページを閲覧する際に、直接ホームページの置いてあるサーバーに読み込みにいったりはしないという事です。まずは先述の組み合わせリストで「対」になっているIPアドレスを識別する為の「DNSサーバー」にアクセスする事になります。それから指定IPアドレスのサーバーへの読込を開始する事になるのです。

ただし全世界のDNSサーバーで新しい情報(組み合わせ情報)に更新されるまでには時間が掛かります。これが後述するプロパゲーションと呼ばれる現象です。

プロパゲーションとは何ですか?

サーバー移転の最後におこなうドメイン情報の書き換え手続き後、プロパゲーションと呼ばれる期間になります。

ドメイン情報の書き換えを行うと、その情報が世界中のDNSサーバに行き渡ります。しかし、その情報がDNSサーバに行き渡るタイミングは各DNSサーバーによって異なるため、書き換え手続き終了後の情報を持つDNSサーバーと書き換え情報手続き前の情報を持つDNSサーバーが混在することになり、利用しているDNSサーバーによって、旧サーバーと新サーバーのどちらに辿り着くかわからなくなります。この期間のことをプロパゲーションと言います。

このプロパゲーションと呼ばれる期間中は、ホームページにアクセスした際に旧サーバーと新サーバーのどちらに辿り着くかわからないため、終了するまで両方のサーバーにホームページを用意する必要があります。

また、メールも同様に新旧どちらのサーバーに届くか分からないため、両方のサーバーからメールを受信する必要があります。移転前にメールアドレスを新旧の設定で2つ設定するのはこのためです。

プロパゲーションは、世界中のDNSサーバーにドメイン情報の書き換えが行き渡るまで続きます。一般的には、世界中のDNSサーバーが完全に更新されるまで一週間程度必要といわれています。

自分のパソコンでは新しいサイトを表示して、メールも送受信できるのであれば大丈夫ですが、中にはまだ反映されていないDNSサーバーを読み込みにいっているお客様もおりますので、すぐに移転前のサーバーの内容を消したり、即解約せずに待機して下さい。

サーバー移転・ホームページ引越しについて

Q&A質問回答一覧へ戻る

Q&Aカテゴリ一覧

  • お問い合わせはAKI企画へ

    AKIplanning

    ハイクオリティで洗練されたデザイン、ユーザーの心をつかむ機能、そして安心のカスタマーサポート。お問い合わせ頂ければ、AKI企画の対応力をきっとご理解いただけます。

    092-542-6602(番号タップ)

TopicsQ&A6