コンバージョン(conversion)用語集単語辞典

コンバージョン(conversion)

コンバージョン(conversion)とは、ホームページへの訪問者数(アクセス数)に対して、そのWEBサイトで商品購入、会員登録等の何らかのアクションを起こした人、つまり反応があったと示される事を指します。このコンバージョンは、ホームページをただ掲載する見世物ではなく将来的な広告戦略を念頭に置いた営業ツールとしての意味を持たせる為に重要な概念です。

今のWEB業界はただ訪問者が多ければ良いという世界ではございません。商用サイトであれば当然、せっかくお金を掛けてホームページを作る訳ですから、元が取れないWEBサイトに意味はないと言っても過言ではありません。「どれだけの人が訪問しているか」ではなく、「どれだけの人がこのサイトからアクションを起しているか」が大切です。

「コンバージョン率」とは、訪問者数のうちどの程度が商品を購入するなどのアクションを起したかを示すレートの事で、100人の訪問者中、10人が商品を購入すれば10%というコンバージョン率となります。この例は高すぎますが(笑)。

このコンバージョン率が悪いサイトは当然改善するべき点があり、アクセス解析データを踏まえてどこをどのように改善するとこのコンバージョン率が上がるのかをコンセプトに、WEBサイトとしての品質UP・更新作業が図られるという事になります。

カテゴリTOPへ

  • お問い合わせはAKI企画へ

    AKIplanning

    ハイクオリティで洗練されたデザイン、ユーザーの心をつかむ機能、そして安心のカスタマーサポート。お問い合わせ頂ければ、AKI企画の対応力をきっとご理解いただけます。

    092-542-6602(番号タップ)

Topics用語集